ぽかんと(POCANT)  江古田

アットホームで暖かい店内で家庭的な洋風料理を!

 インフォメーション  お店の紹介 フードメニュー ドリンクメニュー
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink * - * -
<< 秋鮭のほうれん草のせポルチーニクリーム焼き * main * カキをのせた焼リゾット >>

さんまのカルパッチョ 柚子コショウ風味

 

カルパッッチョは、1950年、イタリアのベネチアにある
ハリーズ・バーで生まれました。
薄く切った生の牛ヒレ肉に、マヨネーズ状のソースや
チーズをのせて提供したのが始まりです。
医者に厳しい食事制限を課せられていた、
常連客の伯爵夫人のために、当時の創業者が
考案したこの料理は、「牛肉のカルパッチョ」と
名付けられました。
その名の由来は、当時ベネチアで回顧展が開かれていた
画家ヴィットーレ・カルパッチョからのもの。
赤の色使いが特徴的なその作風と牛ヒレ肉の色を
重ね合わせての事でした。
カルパッチョは、人の名前なんです。

こんな話からすると、牛ヒレ肉以外でつくったものを
カルパッチョというのは、おかしいんですけど、
今、日本では色々なタイプのカルパッチョを
楽しむことができます。
中でも刺身系のものは、すっかり定着しましたね。
ぽかんとでも、「本日のおすすめ」で
コンスタントに登場します。
写真は、さんま。おいしいですね。
permalink * - * -

スポンサーサイト

permalink * - * -